飯能市の痛みの少ない歯科・歯医者

〒357-0063 埼玉県飯能市飯能 1337-3
西武池袋飯能線「飯能駅」北口より徒歩15分、駐車場9台完備

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

:14:00~18:00 休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療があります。

ご予約・お問合せはこちらへ

042-972-2767

虫歯で薬を詰める理由について

虫歯で薬を詰める理由について

虫歯は進行度に応じて治療法が大きく変わります。歯の神経にまで達していない虫歯では、基本的に歯の穴に薬を詰めることはありません。虫歯になっている歯質を削り、コンポジットレジンや銀歯を詰めて治療は完了します。そこで気になるのが虫歯で薬を詰めるケースや理由ですよね。

虫歯が神経に近いケース

結論から言うと、虫歯の痛みに対して、市販の痛み止めを使うことは何ら問題ありません。もちろん、用法・用量を守る必要はありますが、市販薬を使ったからといって、虫歯に悪影響が及ぶことはまずないのです。そもそも歯科治療で処方される痛み止めも、市販のものとほぼ同じ成分で構成されており、市販薬だからといって害が及ぶということはありません。

歯の神経まで虫歯になったケース

ひとつ間違えてほしくないのが痛み止めの捉え方です。市販の鎮痛薬はあくまで痛みを一時的に抑えるためのもので、虫歯そのものを治せるわけではありません。痛み止めによって歯痛が消えても、依然として虫歯は進行しています。

ですから、市販の鎮痛薬だけに頼るのはよくありません。痛み止めはあくまで対症療法でしかないため、歯科医院で虫歯治療を受けなければ、症状もさらに悪くなっていきます。仮に痛みがなくなったとしても、それは歯の神経が死んだからであり、虫歯が治ったわけではない点にご注意ください。

市販の薬を詰めるのは良くない?

ドラッグストアなどでは、歯に詰める薬が売られていることがありますが、歯科医師からすると、それはおすすめできません。仮に歯の穴が虫歯によってできたものではなかったとしても、不用意に薬を詰めるのはデメリットの方が大きいからです。知覚過敏や虫歯の症状が気になるのであれば、専門家である歯医者に相談するのが一番です。

まとめ

このように、虫歯で歯に薬を詰めるのは、殺菌のためです。虫歯の進行や再発を防止するために、殺菌・消毒効果のある薬剤を詰めます。比較的軽度な虫歯であれば、そのような薬を使う必要もありませんので、少しでも虫歯が疑われる症状が認められたら、すぐに飯能市のやまて歯科医院までご連絡ください。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3か月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-972-2767

診療時間

 
午前
午後

午前:9:30~12:30
午後:14:00~19:00
:14:00~18:00

※祝日がある週の木曜は診療があります。

休診日:木曜・日曜・祝日

042-972-2767

〒357-0063
埼玉県飯能市飯能 1337-3
西武池袋線「飯能駅」北口より徒歩15分、バス10分、タクシー5分

※現在応募受付を停止しています。